ハイプナイト

Twitterで闇取り引きは絶対ダメ!ハイプナイト購入ルール

ツイッターハイプナイト

薬を購入する時は病院やクリニックが当たり前ですよね。
ハイプナイトは海外薬なのでネット上で注文するのが常識。

実は、病院やクリニック、個人輸入以外で薬を購入している人たちがいることを知っていますか?
TwitterのようなSNS、とある場所にある闇市場で購入する人もいるようです。

にわかには信じがたいことですが、人間の欲というものは時にルールに反した方法で満たされる場合もあるようです。
私自身、映画の世界で薬の売買をしている場面を見ていましたが、まさかこのように現実で本当に行われていると知ると、とてもショックでしたね。

当然のことながら、医療機関や個人輸入以外で薬を売り買いするのは法律違反です。
これはハイプナイトも同じ。

本記事では、なぜ素人による薬の売買がNGなのかを紹介していきます。

Twitterの闇取り引きとは?

ツイッター闇取り引き

Twitterは、世界中のユーザーが登録しているSNSアプリです。
遊び方については言わずもがなですよね。自分の好きなことを呟いたり、友人やネット上のお友達の呟きを見たりできます。

そんな健全だったはずのTwitterでは、ハイプナイトの売買が行われるようになっているんだとか。
ハイプナイトに限らず、さまざまな睡眠薬や病院でしか処方されない向精神薬も売買されているようです。

TwitterにはDMといって、周囲の人からは見えないやり取り機能があるため、そこでもやり取りされている可能性もあるかもしれません。

たとえば「1シート余ってるから売ります」といった文言で、薬が欲しい人を釣っているケースもあります。
医学的観点、また法律から見てもこの行為はNGです。

ちなみに向精神薬とは、睡眠薬でいえばハルシオンやサイレース、デパスといった薬のことを指します。
病院処方の中でも強いお薬のため、依存性や副作用が強いため医者でも気軽に処方できないものです。

闇市もある?

闇市

睡眠薬や向精神薬を売買している闇市場があるのを知っていますか?
地域名は伏せますが、昔からこの闇市場ではお薬だけでなく海賊版DVDの売買も行われているようです。
売買する人はどちらも生活保護受給者といわれています。

保険料を支払いきれずに通院できない、または通院時間や病院での待ち時間が億劫、病院で出禁になったなどさまざまな事情を抱えた人がたくさん集まっています。

販売者の中には一度捕まり、50万円の罰金を可せられたようですがそれでも売買をやめていないようです。

というのも、薬の売買は罰金だけで済み、逮捕とはならないケースもあるとか。
もちろん麻薬や覚せい剤は逮捕案件ですよ。

まったくもってけしからん世の中です。

ハイプナイトを買う時のルール

ハイプナイトルール

ハイプナイトをルールの範囲内で買う方法は、個人輸入代行業者を利用することです。

個人輸入代行業者を利用してのハイプナイト購入は、日本の厚生労働省からも認可を受けている手法。
Twitterや闇市ではなく、法律に遵守した方法で販売されています。

購入・使用はもちろん自己責任ですが、正規の購入ルートには違いありません。
しかし、この個人輸入代行業者の利用をする時もまた別のルールがあります。

・代役で買わない
・転売目的で買わない
・譲渡しない

上記のルールはハイプナイトを購入する上で、絶対的に守らないといけない項目です。

譲渡NG対象は家族も当てはまります。
血縁の家族といえど、病状やその時の状態は個人差があり、また薬の効き方にも個人差があります。
薬には併用禁忌や注意薬もあるので、もしその薬を飲んでいる人がもらったハイプナイトを飲んでしまうとどうなるでしょうか?
最悪、命の危険も脅かします。

そのような事態にならないようするためには、ハイプナイトの購入は個人が行い、また薬の消費も個人で行うのが道理なのです。

個人輸入代行業者で注文できるハイプナイトですが、現地発送なので届くのが遅いというネックな点もあります。
そのため「今すぐにも欲しいから」という理由で、売人から買ってしまいたいという気持ちが生まれるのもわかります。
しかし、他者から購入するのは法律違反に該当するので絶対にやってはいけません。

ハイプナイトを購入する際には、きちんと個人輸入代行業者を利用しましょう。

睡眠薬は個人輸入で購入できる?ハイプナイトの輸入事情

ハイプナイト個人輸入

ハイプナイトは個人輸入代行業者で買える睡眠薬です。

睡眠薬といえば病院処方が当たり前ですよね。
しかし、病院で薬を処方してもらうのが「厳しい」「行きたくない」と思ってしまう人も。

そんな人は個人輸入を代行しているサイトを利用すればいいのです。

睡眠薬は保険が適用されるので、輸入して購入するとお高くつく場合もあります。
しかし、眠れないという問題の他にも通院という精神的苦痛を感じ続ける必要はないと思うんです。

実は私も大学生のころに軽度の不眠症を患った経験がありました。
将来への不安、このままでいいのだろうかという気持ち、なかなかできない新しい友達といった学生ならではの悩みを抱えてパンクしてしまったんですね。
いつの間にか夜中はずっと起きてスマホを見ていたり、ゲームをしたりとだんだん生活習慣が乱れていき、とうとう寝ようとしても眠れなくなってしまったんです。
今となっては懐かしい思い出ですね。

私の場合は通院をしていたので個人輸入代行業者を利用する、なんてことはまったく思いつかず、病院処方の薬でなんとか治療に成功しました。
学生の少ないお金で病院までの移動費、また通院しなければならないという苦痛もあり治療に時間がかかりましたね。

そういった悩みを既に抱えている人は、個人輸入代行業者でハイプナイトを買ってみるといいかもしれません。

そもそも個人輸入とは?

個人輸入とは

個人輸入とは、海外の品物を日本へと取り寄せる行為のことを指します。
ハイプナイトは海外メーカーが手掛けている薬なので、日本では取り扱われていません。
そのため、個人輸入をして取り寄せる必要があるのです。

たった一人で海外メーカーに問い合わせをしてハイプナイトを購入するのは、非常に難しいといえます。
英語でやり取りをしたり、わざわざ翻訳作業を間にいれなければなりません。
しかし、個人輸入を代行しているサイトでは、すべて日本語可能なんです。

これを個人輸入代行業者と呼んでいます。

個人輸入代行業者を利用する場合は、購入者はハイプナイトを注文し入金を済ませた後は自宅に届くのを待つだけなんです。

私が不眠症を治療している時にこの方法を知っていたら、恐らくコチラの手法を頼っていたかもしれませんね。

ハイプナイトの価格と販売している成分量について

ハイプナイトは、1mg、2mg、3mgとルネスタと同様の成分量で販売されています。
それぞれの価格をチェックしてみましょう。

【1mg】

1mg × 50錠 3,310円
1mg × 100錠 6,300円

【2mg】

2mg × 50錠 4,270円
2mg × 100錠 7,970円

【3mg】

3mg × 50錠 5,210円
3mg × 100錠 9,910円

ロット展開が他のルネスタジェネリックよりも豊富なので、自分の決まっている成分量がある人はハイプナイトで調整してみるといいかもしれません。

先発薬であるルネスタは、病院で処方される際は保険が適用されます。
そのため、今までルネスタを処方してもらってきた人からすると価格が高いと感じるかもしれません。

しかし、中には私のように通院すらも厳しい状況になったり、精神的な苦痛を感じながら通っている人も。
そのような悩みがある人はハイプナイトを買ってみるといいかもしれませんね。

高齢者は1mgから買ってみよう

高齢者がハイプナイトを購入する時は、1mgからスタートしてみるのを推奨します。
1~3mgまで販売されていますが、効かなかった時のためにと買っておくのはあまりオススメできません。

というのも、高齢者は身体の筋肉が衰えている傾向にあるので即効性の強いハイプナイトを服用するとフラフラ状態になりやすくなるといわれています。

個人輸入は怖い?危険?意見が分かれるワケ

個人輸入のリスク

個人輸入代行業者を通じて薬を購入するのは危険なのでは?と思っている人もいますよね。
実は、個人輸入で薬を購入するのは何も違法ではないんです。

もちろん麻薬や覚せい剤、向精神薬といった輸入に制限がかかっている薬を買うのは違法です。
しかし、ハイプナイトはルネスタ・ジェネリックで輸入規制がかかっていない薬。
そのため、輸入代行を利用して購入できるというわけなのです。

また、個人輸入といえば偽薬ですよね。
海外メーカーの中には粗悪品を販売している場合もあるため、正規品を掴まされる可能性は十分にあります。
偽薬かどうかは飲んでみないと分からないとしか言えません。

睡眠薬は病院やクリニックで買えるため、わざわざハイプナイトを輸入してまで買う必要性はないと思います。
ただ、通院が難しい人や海外製のジェネリックを試したい、または人目が気になるという人にはオススメです。

ハイプナイトを飲み続けると依存するの?

ハイプナイト依存

先週末、久しぶりに空き時間ができたので自宅で映画を見ました。
前々から気になっていた映画だったので「やっと見れた」という達成感と充実感はありましたが、いかんせん暗い内容の映画だったので見終わった頃には何とも言えない感情に。

というのも、主人公の母親が睡眠薬を過剰に飲んで依存しているというシーンがあったからです。
不眠症を抱える人は心の病気にもかかりやすく、同時にうつ病を併発してしまうケースもあります。
その母親は主人公のことよりも睡眠薬のことばかりを気にして、「あの薬がないと眠れない」と強烈な不安感を口走っていましたね。

睡眠薬と聞くと大半の人が「薬物依存」を思い浮かべるのではないでしょうか?
私が見たように、皆さんもドラマや映画の影響で「睡眠薬を飲まないと眠れない」といったシーンを見た経験がある人いるはずです。
実はそのイメージが大きすぎるせいか、睡眠薬=依存と勘違いしている日本人はたくさんいるんです。

確かに睡眠薬は使い方を故意に変えると依存しやすい薬ではあります。
しかし、きちんと使用方法を守ればそのような危険性も回避できるのです。

これは海外製薬のハイプナイトでも同じことがいえます。

ではハイプナイトも依存性が高い薬なのでしょうか?
眠りたいと思っている不眠症の人でも「依存はしたくない」と感じているはずです。

本記事ではハイプナイトを飲み続けると依存するのどうかについて紹介していきます。

ハイプナイトは強力すぎる睡眠薬よりも依存しにくい

依存しにくい
もうご存じの通り、ハイプナイトはルネスタのジェネリック医薬品です。
ルネスタは、非ベンゾジアゼピン系の睡眠薬に該当します。
そのため、一昔前まで治療に用いられていたベンゾジアゼピン系の薬よりも依存性が軽減されているのです。

ベンゾジアゼピンと非ベンゾジアゼピンの違いは、脳と身体に効くか、脳だけに効くかです。
ベンゾジアゼピンは脳と身体に作用するため強力な睡眠薬といわれています。そのため通販では購入できず、病院処方のみ。
しかし、非ベンゾジアゼピン系の薬は脳だけに作用するので、副作用の危険性や依存性も低くなっているのです。
効果はベンゾジアゼピン系よりもマイルドといわれているため、比較的安全に使用できるというわけ。

ルネスタが非ベンゾジアゼピンということは、ハイプナイトも同じ。
きちんと使用方法に従って飲めば、依存性を引き起こす心配はないといわれています。

依存している状態とは?

依存している状態

そもそも薬に依存しているとは一体どういった状況なのでしょうか?

睡眠薬の依存症状は下記の通りです。

・やめたいのにやめられない
・何ヵ月も飲み続けている
・薬を飲まないと強烈な不安を感じる

もちろん上記はあくまでも一例です。

不眠症を抱えている人は何よりも「眠れなくなる」ことを恐怖に感じている場合があります。
そのため「また眠れなくなってしまったら?」「この薬がないと無理」と自己暗示をかけてしまい、離脱症状も重なって薬の服用を止めれないという事態に陥るのです。

離脱症状とは、急に薬の服用を中断した時に起きる症状です。
睡眠薬による離脱症状は、主に不眠・不安・頭痛・知覚異常・焦燥感です。

このような症状と自己暗示が重なるとパニックになり、「薬がないと眠れない」「生きていけない」といった強烈な不安を感じてしまいます。

飲み続けると効かなくなる?

少し依存系の話から脱線しますと、ハイプナイトの薬物耐性について気になっている人もいるのではないでしょうか?

ハイプナイトは依存性だけでなく、薬物耐性もつきにくいといわれています。
先発薬であるルネスタの研究によると、1年間連続服用をしても薬物耐性がつかなかったという結果になったようです。

もちろん個人差はありますが、ハイプナイトもルネスタと同じような成分を配合しているので同じことがいえますね。

「ハイプナイトがないと眠れない」と感じたら危険信号

危険信号

薬に頼り過ぎてしまうと、どんなに安全だといわれている薬だとしても依存性を誘発する恐れが十分にあります。
ハイプナイトも依存性が軽減されているとは言われていますが、完全になくなっているわけではありません。
正しい使用方法を守り、ハイプナイトを過剰摂取したり、漫然と長期的に使用したりしなければ安心です。

「あれ?記憶がない?」それ、健忘です!

健忘の副作用

小さいころの記憶は年をとるにつれてどんどん忘れていきますよね。
「あの時はああだったな」「あの頃は楽しかったな」と強烈に残っている記憶ならまだしも、若いころのメモリーを細部まですべて思いだせる人は非常にまれです。
時にハイパーサイメシア(超記憶症候群)といって、自分の過去に起きたことをすべて覚えている人もいます。
その時の感情も一緒に覚えている人もいれば、機械的に記憶だけあるという人もいるようですよ。
「メシア」はユダヤ教における救世主、救い主という意味を持っています。
超記憶症候群をハイパーサイメシアと名付けた人は神秘的に感じたのでしょう。
人間っておもしろい生き物ですね。

さて、今回は記憶に関する副作用についてお話ししていきます。
実は睡眠薬であるハイプナイトは飲み方を間違うと、飲んだ後の記憶がスッとなくなるという怖い副作用があるんです。

なぜ眠くするだけの薬が記憶までなくしてしまう副作用があるのでしょうか?

本記事ではハイプナイトの健忘について詳しく知っていき、そのような副作用を起こさないための対策も把握しておきましょう。

ただのもの忘れじゃない?健忘とは

もの忘れと健忘

健忘は、もの忘れの副作用とも呼ばれています。
毎回起きる副作用ではなく、特に飲み方を誤ると起きやすいといわれているのです。

ハイプナイトは即効性に特化している薬なので、服用後は急激に脳の覚醒レベルがガクッと低下します。
これは脳をリラックスさせて、眠気を誘うため。
しかしこの作用が起因して、脳がふわふわ状態になり「飲んだ後何してたっけ?」という状態になってしまうのです。
健忘が起きている時は副作用が起きているという自覚がないため、たいては翌日の起床時に記憶がないことに気づきます。

では一体どのような飲み方をすると健忘を起こしやすくなるのでしょうか?

たとえばハイプナイトを飲んだ後に1~2時間ほど家事をしていた、または持ち帰り仕事をしていたといったパターンです。
ハイプナイトの服用後は30分~1時間以内に効果が出始めるといわれています。
人によっては20分ほどで眠気を感じるという人も。
効果を発揮している時間帯に作業をしていると、脳はお休みモードになっているのに体は動いているという状況になります。

いっけん何も危険ではないように聞こえますが、家事をしながらお皿やコップをわったり転倒したりするとケガを負います。
さらに仕事をしていると普段は冒さないようなミスをしてしまう可能性だってあるんです。

また、飲んだ後に「ちょっとそこまで」と外出をして、事故にあってしまう危険性も否定できません。

健忘を避けるためのコツ

健忘の副作用を避けたいなら、飲み方を遵守することです。

ハイプナイトは就寝する1時間前に飲みます。
服用後は何も作業せず、そのまま眠る体制に入るのがセオリーです。

また、ハイプナイトを故意に過剰摂取をしても健忘の副作用は生じやすくなります。
即効性に特化した睡眠薬は健忘の副作用を誘発しやすいといわれているので、使用方法はきちんと守っていきましょう。

健忘以外の副作用にも注意

副作用の話が出たついで、他の副作用についても紹介していきます。

ハイプナイトはルネスタのジェネリック医薬品で、成分も同じ。つまり副作用の内容もまったく一緒ということになります。
健忘以外の副作用は以下の通りです。

・味覚異常(苦味)
・日中の眠気
・頭痛
・口の渇き
・めまい

健忘は重篤な副作用なので、上記の副作用よりも発生頻度が低いため使用方法さえ守っていれば過度に心配する必要はありません。
しかし、上記の副作用は使用方法を守っている人でも発現しやすい副作用なので、注意してください。

特にルネスタの特徴である味覚異常(苦味)の副作用は、ハイプナイトもしっかりと受け継いでいます。
とある研究によると苦味はオレンジジュースやスポーツドリンクで解消されやすいといわれているので、おすすめの対策法です。

身に覚えのないことが起きていたら注意

身に覚えのないこと

健忘の副作用は誰にでも起こりえます。

・昨晩とは家の様子が違う
・食べた覚えのないお菓子がころがっている
・仕事で使う資料がめちゃめちゃになっている

といった身に覚えのないことが翌朝に起きていたら要注意です。
知らぬ間に健忘を引き起こしている可能性があるので、そのようなことが起きた場合は使用方法や成分量の見直しをしてみましょう。

ハイプナイトは正しく使えば安全に使用できる薬といわれています。
これは国内処方であるルネスタも同じ。
重篤な副作用を引き起こさないためにも、使用方法はきちんと守りましょう。

眠剤遊びはNG!正しい方法でハイプナイトを飲む

眠剤遊び
眠剤遊び、ちゃんぽんするといった単語を聞いた経験ありませんか?
これらは睡眠薬を乱用目的で使用する際に用いられる造語です。
この言葉を使う人によって意味は異なってくるかと思いますが、眠剤遊びは睡眠薬の過剰摂取、ちゃんぽんはいろいろな睡眠薬を合わせて多量摂取するといった飲み方のようです。

どのお薬にも平等にいえることですが、乱用は危険行為です。
もちろん海外製薬のハイプナイトも同様に、定められた使用方法の範囲を超えた飲みかたをするのはNG。

ではハイプナイトの基本的な飲み方とは一体何なのか?

本記事ではハイプナイトの飲み方について紹介していきます。

これから購入しようとしている人はきちんと確認しておきましょう。

飲むタイミングはもちろん眠る前!

ハイプナイトの正しい飲み方は以下の通りです。

飲むタイミング 就寝前
飲む量 1回1錠
最大摂取量 エスゾピクロンとして3mgまで

ハイプナイトは即効性に特化しているお薬。
そのため必ず眠る前に服用しましょう。
水、またはぬるま湯で飲むようにして、グレープフルーツといった柑橘系の飲み物では服用しないようにしてください。
ハイプナイトはルネスタの効果を引き継いでいる薬です。
実は効果以外にも引き継いでしまっている点があります。
それは苦味です。
ルネスタは薬の中でも強烈な苦味を発揮することで有名。ハイプナイトもルネスタと同様の成分を配合しているので、苦味は避けられません。

苦味とグレープフルーツは交わると、さらに苦味が増強するといわれています。

そのような事態を引き起こさないためにも、水またはぬるま湯で飲みましょう。

また、最大摂取量はエスゾピクロンとして3mgまでとされていますが、即効性が強いお薬なので高齢者は2mgまでとしたほうが安全性が保たれます。

「効かないからもう1錠」はダメ!

ハイプナイトを飲む時にやってはいけないことは、効かなかったからといって1錠をその日で追加服用することです。

お薬は大量に飲めば効果が増強するわけではありません。
これはハイプナイトも同じ。

不眠症を抱えている人は一刻も早く眠りたい一心で、お薬が効き始めるまで待てない方がたまにいます。
眠りたい気持ちは分かりますが、過剰摂取しても効果は変わらないということをしっかり覚えておきましょう。

お酒と一緒に飲むのはNG?

お酒との併用

眠れないからといって寝酒していませんか?
不眠症を抱える人はお酒に頼りがちです。
確かにお酒は脳内をリラックス状態にしてくれて、入眠効果をもたらしてくれます。
しかし、睡眠の質を下げる原因でもあるんです。
翌日に二日酔いになったり、寝たような寝ていないようなといった感覚に落ちることも。

またハイプナイトと一緒に飲むと効果が一気に回ってしまい、フラフラ状態になる危険性があります。
体内に薬の成分が急速に回ってしまうと、副作用を強めてしまいます。

そのような事態を招かないためにも、ハイプナイトを飲む時はお酒と一緒に飲まないようにしましょう。

過剰摂取するとどうなるの?

過剰摂取は眠剤遊びの話題に少し戻ります。
もう言わずもがな、ハイプナイトの過剰摂取は絶対NG。
副作用を増強したり、事件事故を起こしたりする可能性があるからです。

「睡眠薬で事件事故なんて大げさな」と思うのは間違い!

国内で起きた事件の中には、薬を過剰摂取した18歳の少年が友人と共にフェンスに車を突っ込むといった単独事故を起こしているんです。
友達とは遊び感覚でやったと供述していたらしいですね。

「ラリれる」のような遊び感覚で薬を乱用するのはNG。絶対にやってはいけません。
他人を事故に巻き込む可能性もあり、自身の命も脅かす要因になり得るんです。

また、ハイプナイトは過剰摂取をすると翌日まで眠気が続く可能性があります。
日中活動に支障をきたしかねません。

ハイプナイトは正しい飲み方で飲もう

正しい飲み方で

睡眠薬であるハイプナイトは、就寝前に飲むべき薬です。

過剰摂取をしたり、睡眠の質を下げる飲み方はしてはいけません。
正しい使用方法を心掛けることによってきちんと効果を発揮するお薬といわれているので、使用方法はちゃんと守りましょう。

使用方法を遵守することは当たり前のこと。
自分自身の病気を改善したいなら、定められた服用方法でハイプナイトを飲むようにしましょう。

ふわふわ感で入眠作用!ハイプナイトの効果とは

ふわふわで入眠

ルネスタ・ジェネリックであるハイプナイトを飲むと「ふわふわしてくる」と聞いたことがありませんか?

実は、そのふわふわ感はハイプナイトの効果なんです。

ハイプナイトは脳内をリラックス状態にして睡眠を誘い、即効性に特化した効果を発揮します。
入眠障害に適しているといわれるのは、即効性があるから。

不眠症を抱えている人は眠る前に常に考え事をしている、または妙な緊張感や焦りを感じているといわれています。
その状態を改善してくれるのがハイプナイトなんです。

本記事では、ハイプナイトの効果についてくわしく紹介していきます。

ハイプナイトを飲むとふわふわする?

ハイプナイトは、脳内にあるGABAに作用してリラックス状態を促します。

GABAは人間脳内の30%を占める物質です。
興奮した神経を落ち着かせたり、ストレスを緩和させたりして心と体のバランスを整えています。

しかし、これが不眠症という病気に侵されると眠れない=常にストレスにさらされている状態に。
するとGABAの量が圧倒的に足りなくなってしまい、余計に眠れなくなるという症状を生じてしまうのです。

ハイプナイトは、その状況を打破すべくGABAに作用して脳内をリラックス状態へと導きます。
不眠症状である寝つきの悪さを解決するには、まずは頭の中を落ち着かせなければなりません。
GABAを増強する作用をハイプナイトで補助して、ゆっくり入眠という状態を作ってくれるというワケなのです。

GABAという名前は「聞いたことあるかも?」と思っている人もいるのではないでしょうか?
ストレス社会だといわれている現代では、お菓子を通じてストレスを軽減するような商品が販売されています。
GABAチョコレート、GABA for Sleepといったお菓子を「おいしさと健康」でお馴染のグリコが販売しているのをコンビニやスーパーで見かけた人もいるはずです。
GABAはアミノ酸の一種で、事務的作業による一時的かつ心理的なストレスの低減機能の働きがあるということが判明しています。
そのため、こぞってお菓子メーカーが「ストレス社会を生きるあなたへ」という文言で販売しているというワケなのです。

ロングスリーパーの人にはオススメできない理由

ロングスリーパー

ハイプナイトの効果の特徴は、即効性です。
不眠症状の入眠障害にピッタリの薬なので、中途覚醒や熟眠障害の人にはオススメできません。
ハイプナイトは超短時間型に分類される薬なので、長時間作用がある薬ではないということだけはきちんと理解しておきましょう。

効果アリ、ナシは個人差があるかも

GABAチョコレートやGABA for Sleepがストレス軽減や睡眠の質を向上させるかと聞かれると、少々「うーん?」といった感想にはなります。
そもそも就寝前にチョコを食べるとなると、歯磨きをしなければという手間もありめんどうに聞こえますね。
仕事中にGABAチョコレートを食べるのはいいかもしれません。

ハイプナイトの効果に関しても、通常の不眠症の人よりも強迫概念に近いストレスを感じている人では効果を発揮しないケースもあるといわれています。
ストレス値は個人によってハードルが異なるので、ちょっとしたことでも神経質になる人もいれば、そのくらいなら別に、といった人もいるため確実にハイプナイトが入眠障害に効くとは言いきれませんね。

しかし、ルネスタと同じエスゾピクロンを配合している薬なので五分五分といったところでしょうか。

ハイプナイトの効果に関する体験談

ハイプナイト口コミ

ハイプナイトでしっかりと効果を実感できるのでしょうか?
ここではハイプナイトの効果をしっかり体感している人の口コミをチェックしていきましょう。

【25歳の内山さん】

大学を卒業して無事に新卒の状態で内定をもらいました。
コロナという状況にもかかわらず、雇ってくれた会社には感謝しています。でも、就職活動を始めたあたりから眠れなくなっていたんです。
ストレスだから発散すればいい、今を頑張ればいいって思っていて無理をしたのがダメだったみたいでそのまま不眠症に。
無事に就職したのに約1年で休職しています。
気まずくて戻れません。最初の2ヵ月は通院していましたがコロナの影響もあり、そう簡単に出入りできない状況になる時もありました。
それから通販でハイプナイトの存在を知って、今はこの薬に救われています。
最初こそは効果があるのか本当に心配だったんですが、前よりも眠れるようになっているのでハイプナイトがないとダメですね。

【50歳の堀越さん】

この年にもなると一向に眠れません。
わたしの旦那も眠れないようですが、彼は老いを受け入れて1日3回に分けて睡眠をとっていますよ。
でもわたしはまだまだ日中は活動して、夜はしっかり眠りたいと思っているんです。
そういった理由から病院でルネスタの1mgをもらっていました。
旦那には変な顔をされましたが、これでぐっすり眠れていたんです。ただ、感染症の影響もあって私たちのような人は気軽に通院できなくなりました。
また、年甲斐もなく人目が気になってしまって精神科に通い続けるのは厳しかったんです。
よくネットでお買い物をしていたので、睡眠薬を変えないかと探しているとルネスタと同じ効果をもたらすといわれているハイプナイトを発見。
病院でもらっていた1mgもあり、思わず注文してしまいました。
効果はもちろん変わらずで、ぐっすりと眠れたのでとても嬉しかったですね。

2020年から続くコロナの影響で満足に通院できない人は、全国にたくさんいます。
医学的観点からみると個人輸入で薬を買うというのはあまりオススメできませんが、仕方なく利用せざる終えない場合に知っておくと大変便利かもしれません。

上記で紹介した内山さんと堀越さん以外にも、ハイプナイトの効果をきちんと実感している人は多いようなのでぜひネット検索してみてください。