四日市市の歯科医院/金属アレルギー/アマルガム/セラミック/三重県

金属アレルギー 三重県 四日市市 掌蹠膿疱症 セラミック メタルフリー さくら歯科医院 三重県 四日市市さくら歯科トップページ金属アレルギー

金属アレルギーとは

三重県 四日市市 金属アレルギー歯科治療にはさまざまな金属が使用されますが、
上下の歯がこすれ合うことにより金属粒子がお口の中に拡散し、
それが唾液によってイオン化します。

これが体内のタンパク質と結合し、金属アレルギーの原因となります。



金属アレルギーの症状

原因となる金属がお口の中にある場合でも、お口の中だけでなく全身に金属アレルギーの症状が
現れることがあります。


金属アレルギーの局所症状

口内炎、口角炎、舌炎、口腔扁平苔癬などがあります。


金属アレルギーの全身症状

接触皮膚炎、掌蹠膿疱症(しょうせきのうほうしょう)、顔面湿疹などがあります。



金属アレルギーの治療法

治療金属アレルギーのある方は、
原因となる金属を検査し、それを含む装飾品などを使用しないように
する必要があります。

ただ、歯の治療に用いられた金属は、ご自身で外すことは出来ません。
従って、歯科医院で治療する必要があります。
また、歯科医でも外せない場合がありますので、
場合によっては抜歯が必要になる場合さえあります。
金属を除去した後は、原因となる金属を含まない材料を用いて、治療する必要があります。

なお、掌蹠膿疱症は必ずしも金属アレルギーが原因とは限りません。
歯周病など、お口の中の病気が原因となる場合もありますので、それらに対しても本格的に、
かつ正しい治療で徹底的に対応する必要があります。


既に治療済みの歯の再治療

お口の中の金属が原因の場合は、原因となる金属以外の材質のみで 治療しなおす必要があります。

小さな詰め物は樹脂に変えるだけですむ場合がありますが、

かぶせ物にはオールセラミック、
土台となる見えない部分にはファイバーコア

を使用する必要があります。

原因となる金属がわかっている場合は、それを含まない金属を使用することもあります。
保険の金属は溶け出しやすい金属が多く含まれているので、多くの場合治療に使用できません。
多くの場合保険外診療となります。

ただし、金属アレルギーの治療の際には気をつけならなければならない 重要事項があります。
詳細はご来院時にご説明致します。


歯を失った部分の再治療

歯を抜いた後には、以下の方法の中からご選択いただきます。
三重県四日市市のさくら歯科では、これらの方法で掌蹠膿疱症と言われる手のアレルギーを、
大幅に改善させた実績があります。


インプラント

インプラント 金属アレルギーの治療当院で使用しているインプラントのうち、
陽極酸化処理を施した物はイオンの溶出が少なく、
金属アレルギーを起こしにくいと言われています。

当院では、陽極酸化処理を施したインプラントを主に使用しています。





歯の移植

インプラントはあくまで金属であり、ごく僅かではありますが金属アレルギーを起こす場合があります。
より確実に金属アレルギーを避けたい場合は、親知らずを移植することも出来ます。
但し、移植するのに条件の良い親知らずが無いと、この方法は行えません。


オールセラミックブリッジ

金属アレルギー 三重県 四日市市歯のない部分の前後に健康な歯が残っている場合、
セラミックのみで作ったブリッジでの対応が可能です。



金属を使用しない義歯

ミラクルフィットという、金属のバネのない入れ歯で対応出来ます。
一般的にノンクラスプ義歯と呼ばれているものの多くは、一部金属を使用しますので、使用出来ません。