歯科/四日市/歯医者/院長の所属学会

四日市 歯科 歯医者 三重県さくら歯科トップページ院長紹介所属学会の説明

日本歯科医学会 分科会

  

日本歯周病学会

歯周病の研究者・大学の歯周病科出身の開業医を主体とする学会です。
かつては、治療より研究優先の傾向が強かったのですが、
近年は臨床も重視するようになりました。
特定非営利活動法人。

日本臨床歯周病学会

1983年に「臨床歯周病談話会」としてスタートし、歯周治療の研鑽を通じて
歯科臨床の向上に努め、それにより国民の健康、福祉の増進に寄与することを
目的としている、開業歯科医主体の学会です。

現在は、日本を代表する著名な歯周治療の臨床医をはじめ、開業医、大学病院、
総合病院の歯科医師など、2,400名以上の会員が所属しています。
長い間、この学会の認定医が、日本の歯周病治療を高いレベルでリードしてきました。
(近年当学会認定医の多数の実力者が、一挙に日本歯周病学会専門医に合格しました。)
特定非営利活動法人。

日本顎咬合学会

歯科領域の根幹をなす重要なかみ合わせの学会。
かみ合わせ治療で有名な先生の多くは、この学会に所属しておられます。
質の高い治療を行っている歯科医師が多いのが特徴です。

日本口腔インプラント学会

我が国の口腔インプラント学の、より大きな飛躍と円滑な発展を図るべく
設立された学会です。
公益社団法人。

日本歯科医学会分科会 以外の学会、研究会等


愛知インプラントセンター

日本口腔インプラント学会認定講習会を行い、インプラント治療に真剣に取り組んでいる
歯科医が所属しています。
インプラントで有名な多くの先生が、特定のメーカーとつながりを持ってその販促に
貢献しておられるのに対し、愛知インプラントセンターの堀田先生は、
どのメーカともつながりを持たず、中立的な立場でインプラント治療の向上に
取り組んでおられます。

床矯正研究会

歯を抜かない歯並びの治療、『床矯正』 に取り組んでいる歯科医師の集まりです。
東京都開業、鈴木設矢先生が主幹を務めておられます。
鈴木先生は、会員に対し床矯正について丁寧に指導しておられます。

国際歯周内科学研究会

歯周病を、薬を使うことにより病状安定化させよう、という考えを推進している研究会。
熊本県の生田図南先生が会長として、積極的な歯周内科の普及に努めておられます。
当会は、歯周内科のみならず、歯科治療全般の新しい情報取得にも積極的です。

日本包括歯科臨床学会

九州の有名な筒井先生主催の、「筒井塾」咬合療法講習会を受講した歯科医師や
歯科技工士が、更に深くかみ合わせについて勉強していこうと、
自然発生的に出来た勉強会から発展した学会。
設立当初は20〜30人ほどで運営していこうとしていたそうですが、
筒井先生ご夫妻の素晴らしい歯科臨床に触れ、共感される先生方が増え、
現在は所属会員数も500名を越える大所帯となっています。
長い間筒井照子先生が会長を務めておられましたが、現在は国賀就一郎先生が
会長を務めておられます。

2011年までは咬合療法研究会として活動してきましたが、2012年よりJACDと合併し、
日本包括歯科臨床学会として新たにスタートしました。  

日本口臭学会

近年、臭い(におい)が気になり、真剣に悩む人が増加しています。
口臭・鼻臭に悩む人たちは、時に対人関係が破壊され、挙句の果てに引きこもり、
また自殺に至るなど、今や社会問題化しています。
この様な人たちを救うためには、従来行われてきたような個別の対応ではなく、
志を同じくするものたちが協働で実践してゆくことが必要です。
口鼻臭に悩む人たちへの対応を、早期に社会システム化することを目的に
口鼻臭臨床研究会として立ち上げられ、2010年に学会となりました。

日本アンチエイジング歯科学会

日本は超高齢社会に突入し、「健康長寿」が国民の大きな関心毎になってきました。
アンチエイジングについて、歯科から検証するのが時代の要請であることから、
2000年1月1日にスタートした日本歯科漂白研究会が、
2005年4月に日本アンチエイジング歯科学会として改編されました。

日本歯科人間ドック学会

歯科人間ドックの全国的な実施で、多くの一般の方に参加して頂き、
そこを出発点として、健康獲得と維持増進へ積極的に行動していただくことを
目標とする学会。

日本フィンランドむし歯予防研究会

むし歯予防の先進国であるフィンランドの予防歯科活動に学びながら、
日本国民の歯の健康を守るための啓蒙活動や研究活動を行っています。

ほんだ歯科口臭外来提携クリニック

日本の口臭治療第一人者、本田俊一先生のクリニックで一定期間研修を受け、
認定を受けた歯科医師の所属する歯科医院。

JIADSクラブ

JIADSは、The Japan Institute for Advanced Dental Studiesの略で、
ボストンのIADS(Dr.Nevinsが主宰する歯周病と補綴のスペシャリストのための研修機関)
の姉妹組織として設立・運営されている卒後研修団体です。

JIADS創始者の小野先生(後に日本の臨床家ではじめてアメリカ歯周病学会名誉会員に
認定)が開業後、年数を重ねるにつれ自らの臨床の結果に大きな疑問を感じ、
診療所をご兄弟に譲られ渡米されました。
Dr.Nevinsの門を叩いた小野先生は、科学的な背景をもった治療により
素晴らしい経過をたどる症例を目の当たりにし、歯周病学ならびに歯周治療と
密に関連した補綴治療の実際をDr.Nevinsの下で学ばれました。

帰国された小野先生と、大阪大学の補綴学教室で臨床結果にこだわりを
持ち続けていた中村先生が、昭和59年大阪で共同開業され、
科学的な根拠を持った予知性の高い診療を行う試みがスタートしました。

そしてお二人が、日々確信を深めつつある臨床の考え方とテクニックを広めるため、
1988年、JIADSを発足させられました。

現在では、歯周病・補綴・インプラント・歯内治療など、幅広い分野について東京・大阪で
毎月数回の卒後研修を行っています。

JIADS CLUBは、JIADS研修会を修了した歯科医師の勉強会的なグループです。

日本ヘルスケア歯科学会

ヘルスケアの先進国では、従来の治療に重きを置いた歯科医療から、
健康な歯を守り育て生涯にわたって人々の健康のパートナーとなる歯科医療へと、
その転換が始まっています。
虫歯や歯周病に関する知識や技術を共有し、また広く臨床家や研究者・教育者が協力して、
より現実的で予知性の高い方法を生みだし、人々に提供するように努力し、
普及させるために設立されました。

日本臨床アンチエイジング研究会

2010年に創設された、アンチエイジングを通じて究極の予防医学を実践する研究会。

オゾン医療研究会

日本人の8割が歯周病に罹患しており、口腔ケアは最重要課題のひとつになっています
そのような社会的背景において、耐性菌が出現せず、細菌のみならず広くウイルスにも殺菌効果のあるオゾンが今日大変注目を集めており、そのオゾンを安全な口腔ケアの利用に結びつけるために立ち上げられた研究会。